会社概要と店舗案内です。
お問合わせは、こちらへ!

【新工場】

【創業100年記念写真】

【戦時中の防空ポスター】

周恩来首相との懇親

三原屋の創業は嘉永元年(1848)と伝えられています。嘉永元年といえば、8,300人の死者を出した弘化の善光寺地震の翌年で、自家醸造の味噌醤油を災害支援に供出したことが今日の始まりのようです。
 初代河原新作は、萬延元年(1860)に善光寺御門前の阿弥陀院町に店舗を構えますが、明治2年(1869)に現在の櫻小路を三原屋本店としました。櫻小路は鬼無里・戸隠方面に続く大町街道の起点にあたる交通の要衝で、大豆・麻・紙・炭などの物資の集積地です。運送業者の活動拠点である馬方茶屋があり商業の町として栄えていました。また、敷地の一部は大字長野字御殿という地籍になっていますが、ここは松平忠輝公屋敷跡地で、店舗の大黒柱と沓脱石は越後高田城に縁のものであると伝えられています。

明治4年(1871)の廃藩置県により長野県が誕生、櫻小路は善光寺の枝町であったことから桜枝町という地名に変わります。当時の人口は8,000人余りでしたが、長野県庁(現在は信州大学教育学部)をはじめ、水内郡役所(地方事務所)や松本裁判所長野支庁などの官庁が界隈にできました。官吏のお客様は今日の転勤族で、米と一緒に味噌や醤油も買い求めてくれたようです。味噌は必要最低限の備蓄品であり、守るべき我が家の味とも考えられていたため、味噌を買うことは恥と考えられていた時代のことでした。
 明治26年(1883)に信越線が全線開通します。この頃になると長野市人口3万人を超え、商品として味噌を購入する人々が増えてきました。
 明治
32年(1899)に米蔵を改築しますが、相場で一喜一憂する米穀商の商いを縮小し、味噌醤油の醸造業に転換を図るための布石であったと思われます。
 明治38年(1905)、日露戦争で3代目河原清之助が亡くなり、初代新作が家業を再び取り仕切ります。
 大正
12年(1923)に関東大震災が起こり、味噌の出荷先が長野市だけではなく首都圏を含めた全国に広がりました。
 大正15年(1926)に、祖父の4代目河原信三が米穀商を廃業して、味噌醤油醸造を本業とする新しい時代が始まりました。

 祖父は軍人として出征していたため、醸造蔵は親類の人々によって守られていました。幸い醸造蔵は空襲による戦災を免れましたが、土蔵の鉄格子等は全て供出されました。精米所の土蔵の壁には、当時を偲ばせる防空ポスターが残されています。

昭和28年(1953)頃には、すでに配達用の自動車が活躍し、昭和30年には横置多管式ボイラも設置されました。人力から動力に、工業化時代の幕開けです。
 昭和37年(1962)、祖父は国交正常化前の中国を相手に民間経済交流の高碕使節団の大豆部会長として交渉にあたりました。写真は周恩来首相との懇親の場面です。
 昭和
42年(1967)、全国味噌工業協同組合連合会の会長職を拝命しますが、家業は父(5代目河原悠二)に任せきり、しかし生産規模の拡大には一貫して否定的でした。

昭和の高度成長期を迎え、大量生産大量消費の時代を迎えます。このような時代の変革期を乗り越え、平成バブル崩壊後の価格破壊に耐えられたのも、高原乃華一心と分限相応の遺訓を守り醸造蔵を維持してきた父の先見性によるものだったのではないかと思います。

平成10年、私は家業を継ぐため長野に戻ってきました。過剰な設備投資をせずに醸造蔵を堅実に維持してくれた父には感謝しましたが、工場の老朽化は深刻な問題でした。

私はそれまで医薬品業界で働いていましたが、GLPGMPGCPなどと言った新しい品質管理と品質保証の概念が導入されようという転換期にありました。食品業界でも資本力の勝負ともいえるHACCPISOの認証が世界的に注目される背景には、製品だけではなく生産工場を格付けすることにより市場優位性を確保しようという海外勢の戦略があるのだと思います。

平成13年、工場の改築の検討を始めました。まずは、国登録文化財の申請です。平成15年に登録されたのですが、工場改築の原資を調達するには難しい制度であることがわかりました。

つぎに、農林漁業金融公庫の食品産業品質管理高度化促進資金です。わかりやすく言えばHACCP導入資金なのですが、操業を続けながら工場を改築できるかという問題と、設備投資面でHACCPの要件を満たせるかという問題がありました。作業動線の交差を回避しながら区画ごとに隔壁で仕切り十分な広さを確保するということは容易なことではありません。幾多の問題に直面しながらも、中央味噌研究所の藤波先生のご指導により工場の改築工事が平成16年冬に終了しました。

竣工を終えて、あらためて戦前の工場図面を眺めてみると、当時の作業区画が適切な配置であることに驚きました。土蔵に囲まれた下屋に作業場があるだけなのですが、自然の営みを所与の条件として受け入れ、醸造蔵を育んできた先達の慈愛に溢れています。そこには、工場内の微生物はもちろん、人間の営みまでも人為的に管理しようという欧米的な思想とは根本的に異なる世界観があります。

どちらの思想からも学ぶべき所があると思いますが、古今東西の異なる世界観の融和をめざして、個性豊かな従業員とともに今日も微生物たちの声なき声に耳を傾けながら試行錯誤を繰り返しています。

              6代目 河原清隆

【轡止め】

本文は業界雑誌「味噌の科学と技術」(vol.56,3,2008)の特集「うちの蔵」に投稿した原文をもとに掲載しました。


【醸造蔵】

ご注文方法の説明です。
トップ